葬儀場の蓮の花

TOP 葬儀の前に行われる通夜

葬儀の前に行われる通夜

いきなり葬儀が行われるのではなくて、その前には通夜が行われる事が多いでしょう。

通夜という名前の通り、葬儀が行われる前の日の夜に行われます。しかし、どうしても何日も通夜や葬儀のために、時間を割く事ができないという人のために、通夜と葬儀を一日ですべて行うプランなどもある様です。

そして、葬儀を終えた後は、法事などが行われる事になります。身内が亡くなってすぐの間は、精神的な疲れや肉体的な疲れを感じる人もいる様です。そのため、自分の健康状態の維持にも努める必要があります。また、昔とは違って、現在においては身寄りがいないという人や、家族や親せきはあまりいないという人もいる様です。

たつの、姫路、相生で葬儀なら『かなで』

目次

  1. 故人の最期の旅立ちをお手伝いする葬儀場
  2. 葬儀は故人を送る儀式
  3. 大切な人との最後の場所を迎える葬儀場
  4. 葬儀における準備と注意点
  5. 家族葬のような多種多様な葬儀場が増えています
  6. 葬儀などの式典について
  7. 葬儀の規模について考えて

故人の最期の旅立ちをお手伝いする葬儀場

寿命を全うした方、不幸な事故や闘病を経て亡くなった方など、最期を迎えた故人の旅立ちをサポートしてくれるのが葬儀場です。

近年では終活が話題になったこともあり、生前のうちから準備を進める方も増えてきました。特に自分が亡くなったときに連絡してほしい人、葬儀に呼んでほしい人は家族でもわからないことも多いので、リストアップしておくと家族の負担を減らせます。

家族が悲しみと不安で沈んでいるとき、葬儀場のスタッフが親身になって寄り添います。各宗派や国際結婚をした方の葬儀もスムーズに行えるよう、別れのときをサポートしてくれます。

葬儀は故人を送る儀式

葬儀は、亡くなった人をこの世から送り出す儀式です。式を執り仕切るのは、葬儀会社であることが多く、家族や親族は日程や行程を段取りしてもらい執り行います。

宗派により、式の進行などのマナーが異なります。また、参列する方の焼香マナーも宗派によって異なります。最近では、核家族化や独身で生涯を過ごす人も増えて、家族のみで故人を送る家族葬も多くなっています。

式の規模や内容は問わず、どのような送り方であっても、故人の最期をしっかりと見送りましょう。生きている人が故人との別れに折り合いをつける、大切な儀式となります。

葬儀についての関連記事

大切な人との最後の場所を迎える葬儀場

大切な人との最後のお別れをする大事な場所です。亡くなられた方へのこれまでの大切な 思い出や感謝の気持ちをもってお別れをする神聖な場所です。大切な方との貴重な最後の時間を過ごす場所です。

亡くなられた方との最後のお別れをみんなで思いでなど話しつつ過ごす場所です。そのためのスタッフがいるため、食事や送迎、お返しの品など、細かいサービスなどは気にせず、ゆっくりと思い出をみんなで語り合うことができます。みんなが集まる最後の大事な時間をゆっくりと過ごすことができるのが葬儀場です。

大切な方との最後の時間をゆっくりと大事に過ごすためにも葬儀場選びは大切です。

葬儀における準備と注意点

葬儀を行う際、色々な手続きやすることがあります。

故人がお亡くなりになられた後は葬儀社の方との献花などのお金の打ち合わせや日程などを決定し、親族や関係者などにお通夜、告別式の連絡をしたりし準備しないといけません。

時間も限られているので焦ってしまうことも多々あるのですが、落ち着いて行動しましょう。喪主の挨拶での挨拶文や献杯の挨拶を頼まれたが苦手な方もいらっしゃるとおもいます。ネットで調べたり会社や親族などの目上の方に教えてもらったりなどすれば当日も冷静に対応できるはずですので、焦らずに行ってください。

家族葬のような多種多様な葬儀場が増えています

昔は葬儀というと、親族も多く大規模で、費用が高くつくものが多かったのですが、現在は家族葬という選択をする家庭が増えています。

数人から十数人が入るぐらいの大きさの建屋で、必要最低限の価格パッケージで行うことができます。

従来の葬儀屋や葬儀場はどうしても不透明な部分が多く、総額百万を超えてしまうこともしばしばです。

しかし家族葬などは、価格も半分以下で、家族や近親者だけで行うことができ、お別れもゆっくりできます。もちろんオプションで豪華にすることも可能で、そう考えると自由度も高く、遺族が満足できる葬儀が行えるでしょう。

葬儀などの式典について

葬儀に参列するにあたってのマナーについて説明します。まず服装についてですが、基本的に喪服を着用するのが望ましいです。

しかし、急なことですから、急いで葬儀に駆けつけたり着替えるのが難しかったりする場合は平服でも構いません。

ただ、コンビニなどでも黒いネクタイやストッキングは購入できますので、問題のあるアイテムを取り換えるだけでも印象は大きく違ってくるでしょう。

また、参列時には携帯電話など音の出る電子機器は電源をオフにするか、マナーモードにする等しておきましょう。

そして、故人とのお別れをしてこれまでの思い出がよみがえり、時には涙を流すこともあるでしょう。その際、涙を拭えるものを持っていると良いです。

葬儀の規模について考えて

葬儀の規模が大きかった時代があったが、最近では小規模なものが人気です。また家族だけの規模になるもので落ち着いた雰囲気になるという事が大きいです。

また家族だけで行うため、マナーを守るべきことが少なくて済むということで小さなお子さんがいるけどという人にはなかなかいいかなと思うので家族だけの規模になるものではよりそったものになるものが好まれ、亡くなられた方の意見を聞いて出来るかぎりのわがままな演出をすることもできるのでこれから先は福祉国家にあった葬儀の規模を縮小するけどより思いやりや家族主義を守るような方が好まれていきます。

バナー募集