葬儀場の蓮の花

TOP 葬儀 地域で違う葬儀のしきたり

地域で違う葬儀のしきたり

最近では本人や遺族の意思を尊重した葬儀をすることも多いですが、昔からのしきたりや風習にしたがって行う地域もあります。

例えば、通夜の前に火葬を行う前火葬、葬儀の後に火葬をする後火葬などがあげられます。通夜振る舞いについても、一般参列者を招くところと親族中心のところがあります。

一般的には避けられる友引にも火葬を行う地域もあるなど、それぞれ特色を持っています。しきたりには、その地域に暮らしている方々の思いが込められています。生活様式の変化から新しく生まれたマナーもあります。いざという時に慌てないためにも自分の住んでいる地域のことを調べ、家族と話し合っておくと良いでしょう。

核家族化に伴う葬儀場の多様化

ひと昔前であれば、家族葬で自宅にて葬儀を行うことも多くありました。

自宅での葬儀はその準備から片付けまでをその家族や親族で行わなければならないため、非常に負担が大きかったのですが、近所の助けや親族の協力があり、成立していたものです。

しかし、現代ではどうでしょう。昔に比べ近所付き合いが希薄となり、親族との関わり合いも減ってきています。そこで、葬儀場の利用が増えてきています。

葬儀場で執り行えば、その準備や片付けなどの委託ができ、家族葬に比べて負担が格段に軽減できます。費用はかかりますが、その対価は十分といえます。

葬儀についての関連記事

残された方が快く次の人生へ向かっていける葬儀

人生は誰しもいつか終わりが来るものです。分かれたくなくても親しい人との別れもいつか訪れます。残される人々はとてもつらいですが、現世を生きているからこそ、故人との別れも大切にし、次へ旅立てる準備が必要です。それが葬儀です。

ぜひご来場される皆様には、故人との別れを惜しむことももちろんですが、その後は自身の明るい未来のためにどうか前を向いて未来への扉を開いてください。そのために、故人の生き様や思い出はもちろんですが皆様の心が温かくなるような来場者への挨拶文や会場作りなどを、心を込めて作って行きたいと存じます。

葬儀場を選ぶ上でのポイント

葬儀場の選び方には、場所や規模、予算、内容や日程などについて考慮する必要があります。葬儀の参列者が多い場合には、民営式場が確実です。立地や交通の便が良いことが多いためです。

予算を抑えたい場合には葬儀の規模を小さくして、公営もしくは地域の施設を利用するのが良いでしょう。

近年では小規模で行う家族葬の人気も高まっています。また、無宗教葬などの自由な葬儀を行いたい場合についても、民営の葬儀場であれば対応してもらいやすいです。

価格帯は各葬儀社によって異なりますが、突然のことで複数社比較する余裕がなく、予想より高めの葬儀費用がかかってしまって後悔する方もいます。

葬儀の考え方について

葬儀のことについて、両親と事前に話す事はなかなかないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、急に葬儀を行わなければならない事態は来ます。

事前に葬儀のやり方や手続きを両親と話す事が重要です。

みなさん、事前に話すのは不謹慎だと感じますが、急になってからでは、両親が望む形になりません。事前の準備が重要です。今家族葬や樹林墓地などの方法や墓地の形態も様々であり、どのような事を望んでいるのか、確認していない場合は、会社に任せきりになってしまう事が懸念されます。だからこそ、話し合いができる時に考え方や手続きを決めておく事が重要です。

バナー募集