葬儀場の蓮の花

葬儀場案内

故人の永遠の命を宿す『葬儀場』

『人は2度死を迎える』1度目は肉体の死、そして2度目は誰の記憶からも貴方の存在が失われてしまう記憶の死があります。

自分が生きてきたことを共有し、誰かの記憶の中に永遠の命を宿していくために葬儀というものがあり、故人はどんな人柄だったのか、どんな生き方をしたのか、そしてどれだけ多くの人に愛されてきた人なのかを共有するために演出できる場所が葬儀場なのです。

近年ではセレモニーホールとも呼ばれ、故人を見送る側の様々なニーズにも応えており、生前故人の好きだった曲を流したり、飾る供花を菊などの葬儀向けの花だけでなく、好きだった花で故人を囲む演出ができたりする葬儀場が増えてきています。

時代の変化による葬儀場

葬儀を執り行う場所として葬儀場があります。斎場、葬祭場、式場、斎場、メモリアルホール、セレモニーホールなどさまざまな呼び方がありますが、特別に意味が異なるわけではないようです。

葬儀のスタイルも一般的な葬儀から寺院や教会、自宅やホテルなどライフスタイルに合わせた選び方ができ、参列者の大小によっては、葬儀費用にもかなりの幅が出てきます。

故人の意向に沿った葬儀を執り行うことが最善ですが、葬儀場のサービスが充実してきたこともあり、最近では自宅で葬儀を執り行う人たちは減少傾向にあるようです。

時代によって葬儀の在り方も変わってきているのかもしれません。

これからの葬儀場の多様化

今日、家族の形態がさまざまに多様化したことによって、葬儀の形態も多様化しつつあります。

昔ながらの葬儀を求める人もいれば、家族葬のように、ひっそりと行いたいと言う人もいます。それによって、葬儀場を選ぶようになったため、いろいろな形の葬儀場の提供が必須となってきています。

また、花輪などの供え物にも変化の時がきています。昔のお家で行った経験のある人はご存知でしょうが、あの大きくて場所をとる花輪、お金はかかりますが、そのまま返却の為、今では依頼をする人は減っています。

今となっては懐かしいものとなりました。このように少しの間でさまざまな変化が起きています。これからの葬儀の在り方に注目したいです。

「自分らしく」最近の葬儀場

最近のお葬式は進化しています。今までは残された家族が故人の為に行い暗く哀しいものでした。エンドレスノートというものもあり自分が亡くなった後、家族が困らないように色々書いておくものです。そこにはお葬式についても書くことができます。

葬儀場はここでしてほしい、供花はこれにしてほしい、この人には連絡してほしいなど、自分らしいお葬式を家族にお願いすることができます。

葬儀場によっては元気なうちに葬儀代の積み立てをして打ち合わせを行うこともできるようです。葬儀代も安いものではないのでこういうシステムの利用も残された家族の為になります。

地域密着型と全国規模の葬儀場

大切な人が亡くなった時に行うお葬式では、葬儀場を探すことが大変重要になります。全国にあり、規模が大きい場所もありますが、地域密着型の場所も多いです。

例えば、たつの市と姫路市などの近隣の市を合わせて特化した葬儀場などです。多くの地域にあり、場所によっては会員制度や、地域に特化した特典があるところもあります。

さらに、地域密着型だと、地域住民からの信頼が厚く、そのエリアの風習や習慣に沿った葬儀を行える利点があります。

一方で全国規模の所は、経営主体が大企業であることが多く、安心できます。それぞれ違う良さがあるので、故人にとってより良い場所を探すことが大切です。

葬儀場の日程の希望について

葬儀場を利用する場面は、もっぱら突然訪れることが多いです。ただ、その際は、非常に混んでいることが多いです。混雑していると、実際に希望する日でも催すことが出来ず、都合のよくない日を選ばざるを得ないことが発生します。

ただ、事前に予約するわけにもいけないため、そのような突然の際に、混雑をしていなく、また希望が通る場所を予め探しておくことが重要です。

今では、オプション等で日程を自由に、優先的に決められるものもあるかもしれません。これは事前の想定以上に、予め葬儀場を考えるときには重要なファクターと感じられます。

葬儀場に求めるポイントは人それぞれ

最近は葬儀の方法も形もさまざまあります。一昔前まで一般的に行われていた自宅での通夜や葬儀は、その場所が葬儀場にとって代わり、参列者も家族や近い親戚、とりわけ親身にしていた方のみといった、身近な人だけで済ませる方法が多くなってきています。

葬儀場もそれに倣うように家族葬を行える会場を増やし、低予算で、サービス内容も必要最低限に抑えた内容のものを提供するところが増えています。

葬儀は、亡くなった方への気持ちを表し、最後を見送る大切な儀式ですから、葬儀の場所や方法の選び方としては、葬儀の何を重要なポイントに置くかというところでしょう。

現代の葬儀について考えること

現代の葬儀は昔と変わってきています。高齢化社会の今、葬儀場は増えてきている中でも家族葬を行う方が多いという現状です。

地域ごとに風習やしきたりもありますが、昔のように大々的に行うことも少なくなっているようです。隣近所との付き合いが薄い傾向にあるので、昔のように行わなくなってきたことが理由として挙げられます。

故人としてはたくさんの方にお別れをしてほしいと思う方もいるでしょう。今は生前に色々な取り決めをされたりする方もいるので、家族間で揉めたりしないように色々と準備も必要です。温かい気持ちで送り出してあげたいところです。

葬儀はありがとうの日

葬儀は送る側も送られる側もありがとうの日であるべきです。思いやるマナーを大切に、気持ちのよい晴れの日にするべきです。最初で最後の日だからこそ、悔いのない日を迎える為には準備が必要です。

縁起でもないと思わずに、生前からプランを立てておくと安心です。自分らしい日にするために葬儀をどのようにプロデュースするか、考えるいいでしょう。

好きな音楽を流したり、好きな花で会場を埋め尽くしたりするのも素敵です。動画でメッセージを残したら、それはきっと皆の心に残るはずです。

送る側も生前から遠慮なく相談して、納得のいくプランを考えておく事が、当日の安心と充実感につながります。

Google
WWW を検索 www.meat.easybreakfast.info を検索
バナー募集