賃貸

賃貸不動産は前家賃を支払うのが一般的です

賃貸の不動産を借りるときには、前家賃を支払うのが一般的です。賃貸の不動産を借りるときには、家賃は前払いが原則となっています。

ですから、月末に引き落とされる家賃は、たいていは翌月の家賃です。次の月が始まるまでに支払わなければならないのが普通です。

賃貸の不動産の契約をしたときには、その月の家賃を先に支払わなければなりませんが、これが前家賃と呼ばれています。前家賃は、たいていは日割り計算してくれます。

また、交渉次第ではその月の家賃は支払わなくて良い場合もあります。オーナーの意向によって異なっていると言えるでしょう。

更新日-2011年10月4日