葬儀場の蓮の花

TOP 家族でゆっくりできる葬儀場

家族でゆっくりできる葬儀場

葬儀場の選び方は、大好きな故人との時間を大事にできるところが、一番です。大好きな家族と最後をゆっくり過ごせることです。最後は、家族と語り合いながら過ごせます。

選び方の1つに、皆様も故人と一緒にゆっくりできる施設があるのが一番です。トイレ、バス、赤ちゃん設備も完備しているから、お子さまずれでも安心して利用できるかも重要です。故人と同じ部屋で家族とゆっくりできる葬儀場だと、なお嬉しいでしょう。

最後まで、家族の時間を大切にできるから、お別れも心行くまで出来ます。大好きな故人との思い出を大事に、家族とゆっくり過ごせます。

たつの、姫路、相生で葬儀場といえば『かなで』

目次

  1. 感謝の気持ちをこめた葬儀と葬儀場について
  2. 葬儀場での故人の最期の贈り物
  3. 故人とのお別れの場である葬儀場
  4. 冬に行われる葬儀
  5. 葬儀場としてどこを選べば良いか
  6. 葬儀場における供花について
  7. こころが安らぐ葬儀場
  8. 現代の葬儀場の利用状況について

感謝の気持ちをこめた葬儀と葬儀場について

葬儀は故人とのお別れの儀式です。感謝の気持ちを伝えたり、回想の中で故人と対話したりと、これからも故人との繋がりを大切にする為の区切りです。そのような葬儀の意味合いを鑑みると、とても大切な儀式です。

最近の葬儀の形態は変わりつつあります。家族葬などこじんまりした葬儀を執り行い、親しい人々の間だけで感謝やお別れをします。

その理由のひとつが、葬儀場確保に対する費用の問題です。

葬儀費用は年々その金額が上がる傾向にあります。反面、低価格の葬儀もあり、本来の葬儀の意義を加味したものも多いです。葬儀場は、葬儀の意味合いと価格の現実により、その様相を変えてきています。

葬儀場での故人の最期の贈り物

葬儀場では故人にゆかりのある方々が集まります。故人にお別れの挨拶をしに来るわけですが、それだけではありません。親族、参列者が供花を見たり、挨拶をしたりして故人にはこんな繋がりがあったのだと感じることができる場でもあります。

久しぶりに会う親戚、昔の友人との会話を通して失った故人への悲しみや喪失感が癒されていきます。多くの故人は残された人たちにいつまでも悲しみにくれて過ごしてほしいと思っていないはずです。この人との出会いは残された人たちへの故人からの最期の贈り物と言えるのではないでしょうか。

葬儀場という場はこの故人からの最期の贈り物を自然な形で提供してくれています。

葬儀場についての関連記事

故人とのお別れの場である葬儀場

歳を重ねるほどに、伺う回数が殖えるのが葬儀場です。親族だけに留まらず、お世話になった上司や学生時代の先輩など、自分にとって大切な人との最後のお別れをする場所です。

お通夜、お葬式では壇上にたくさんの供え物が飾られています。故人が極楽浄土へ向かう途中、お腹がすかないように、果物や缶詰などが供えられます。最近は生前の様子を写真とナレーションで紹介することが多くなりました。

一生懸命に過ごしてきた人生を振り返り、故人の思いを共有することで、お葬式に参列する方々は、改めて故人への尊敬の念を持つことも多いでしょう。

冬に行われる葬儀

季節を問う事なく葬儀は行われています。時には葬儀が冬に行われる事もあります。葬儀は、ずっと同じ会場にいるという分けではなくて、移動する事もありますので、外に出た際などには、寒く感じられる事もあります。

また、長い間、自分の荷物を取りに行ったりする事ができない場合もありますので、その点についても考慮しましょう。

そのため、葬儀の際には、防寒対策などを行っておくのもいいでしょう。と言っても、葬儀の際には喪服を着用する必要がありますので、暖かくするという事が難しい場合もありますが、冷えに悩まされている人などの場合には、対策をしておきましょう。カイロを利用するというのもいいでしょう。

葬儀場としてどこを選べば良いか

葬儀場として利用できるのは公営式場や民営式場、自宅などがあります。特に自宅は昔ながらの方法とされ、式場費を公営式場よりも抑えることができます。

しかし自宅に会葬者を招くため、葬儀場となる自宅が狭い場合には選びにくい方法となります。

他にも地域によっては、公民館や自治会館を葬祭会場として利用できる可能性があります。ですが、式場費を抑えることを考えていないという場合には、民営式場で行い、さらにオプションを加えて葬儀を行うというのが一般的です。

オプションとしては各社で違いますが、料理や祭壇、返礼品の選択があります。

葬儀場における供花について

葬儀で亡くなった家族を見送るために生花は必須と言っても過言ではありません。その生花の中でも供花は、悲しみやお悔やみの気持ちを込めて送るもですが、特別な決まりがなく気持ちが込もっていれば誰でも送ることができ、最後の贈り物でもあります。

個人で送るケースは稀ですが、実際のところは親族や会社からまとめて贈ることが多いようです。これまでは対で送られることが多かったですが、最近では1基だけ送るケースが増えてきているようです。

花の種類も白い菊がメインとされてきましたが、最近では洋花を供えるケースも葬儀場によっては増えてきています。

こころが安らぐ葬儀場

葬儀場は遺族と亡くなられた方との最後の思い出作りの場とも言えます。心から手を合わせ、お供え物をして故人を偲ぶのです。そして皆で故人の話をして、昔話に花を咲かせる思い出作りの場となるのです。

故人を思う気持ちさえあれば、場所は特にこだわる必要がありません。自宅や公民館でも行うことができるのです。

例えば自宅であれば気兼ねなく使用できて、慣れ親しんだ家から送り出せるメリットがあります。お寺であれば荘厳で厳粛な空気感の中執り行うことができます。

集会場であれば使用料が安いメリットがあります。葬儀社であれば全てのものが揃っており、後片付けも不要で、進行が滞りなく進めてくれるメリットがあります。

現代の葬儀場の利用状況について

近年、住宅事情や家庭環境によって葬儀場を利用する場合がほとんどで、昔のように自宅で葬儀をする事は少数派となってしまいました。

これも時代の流れなので仕方ないですね。葬儀場では各宗派対応した飾り付けやお供え物をスタッフと一緒に相談しながら準備出来るので、わからない事が多くても安心です。

そして、葬儀に必要なものを揃えてセットにしたプランも充実していて、必要経費がわかりやすくて明朗会計なところ多くなりました。

少人数の家族葬から大規模な葬儀まで対応できるホールを複数持っているところが多いです。最近では葬儀以外での利用をする事もあり、夏限定でビアホールやBBQをするところも増えつつあります。

バナー募集