葬儀場の蓮の花

TOP 葬儀場 葬儀場選び供花の規模

葬儀場選び供花の規模

大切な人が亡くなったとき、悲しみの中でも、粛々と進めなければならないのが葬儀の準備です。

悲しみの中で、冷静に葬儀の手配を進めるのは簡単なことではありません。しかし、悔いのない最期のお見送りをする為にも大切であるのが、葬儀場選びではないでしょうか。

故人最期のお見送りの場を選ぶ際に、意外と見落とされがちなチェックポイントが、その規模です。故人の生前のお付き合いによっては、供花を送られることもあるでしょう。

しかし葬儀場の大きさによっては、供花が入りきらない場合があります。お悔やみの気持ちを大切に受ける取る事が出来るように、また葬儀の際に慌てることのないように、事前にチェックしておくことが大切です。

葬儀場が必要である意味

死は誰もが経験する事です。見送る側と見送られる側どちらも一生のうちに必ず経験します。葬儀場は故人との最後の別れの場所であり、残された者の気持ちを整理する場所でもあります。

突然訪れた大切な人との別れ、計り知れない悲しみの中で、今までの思い出、後悔や心残りなどが頭の中を駆け巡ります。そんな日常の中で多くを経験する事の無い出来事が訪れた時、悲しみに暮れている状況でサポートしてくれるのがスタッフの方々です。

一番良い形で見送る事を最優先に急な注文への対応やオプションの提案、1つ1つの心使いが有難く心に残ります。こういった事が、葬儀場がある意味ではないでしょうか。

流れについて把握したい葬儀

宗教や宗派によっては若干異なる場合がありますが、葬儀の流れというのはあらかじめ決められている事が多い様です。

そのため、葬儀に参加しないといけなくなった際には、自分はどの様に振る舞えばいいのかという事を把握するためにも、流れについて頭に入れておく事をおすすめします。特に、葬儀に参列する立場の自分が行うべき事は何かという事を中心に見ていくと分かりやすいでしょう。

葬儀において焼香の際のマナーについては特に気を付けている人が多いみたいです。これまでに、葬儀に参列した事がない人であれば、不安も多いと思います。年齢を重ねると、経験も増えますので、次第に身に付く事もあります。

葬儀場についての関連記事

いざという時に選びたい葬儀場のポイント

家族や親族が亡くなった際に利用する葬儀場ですが、いざという時にどこにお願いするべきか、非常に悩ましいものです。特に、たつの市や姫路市などの大きな都市では葬儀場も多いため、選択肢が多いのも悩みです。

悩んだ際には、もちろん、値段で判断するのも有効でしょうが、人生において、数回あるかないかの事ですので、サービス面でも十分に比較検討する必要があります。

例えば、人が亡くなった時は、役所への手続きが必要となりますが、葬儀の準備で忙しい中、手間や時間がかけられないということもあります。その様なときは、それらの手続きをサポートしてくれるような、葬儀社を選ぶべきでしょう。

葬儀での大切な挨拶文

葬儀の際に、遺族代表として喪主の方が葬儀に参列してくれた皆様に挨拶します。

挨拶のタイミングと内容は、あらかじめ挨拶文を考えることができるので、失敗のないように事前に考えてする方々が多いです。出棺前の挨拶では、感謝の気持ちが大切になり、生前お世話になったお礼と参列してくれたお礼とを述べます。加えて死因の簡単な説明と故人の生前の人柄や様子について話せます。

最後に残された家族のこれからの決意表明をし、締めくくり挨拶を終わります。故人の亡くなった状況の中で、急に挨拶するのは気持ちもまだ落ちついてないですが感謝の気持ちを故人の代わりに伝える大切な挨拶になります。

バナー募集